小説の文章が読みやすいことに感動

 私は、小説家の書いた小説を読むたびに、内容に関わらず感動していることがあります。セゾンカード

それは「小説家の書く小説は、何て読みやすいのだろう」ということです。

 文章を読みやすく書くということは、簡単なようでいてとても難しいことです。

それはなぜかというと、文章というのは書いている人が思い切り主観で書いているということが大きな理由の1つです。

 書いている人が主観で文章を書くと、書いている人がわかっていることや当然理解していることというのは、文章からどうしても省きたくなってしまうというのが普通です。

そうすると、読んだ人はわからない部分が引っかかってしまい、スラスラと読み進めることができなくなってしまいます。

 ですから、書き手側は多少クドくなろうとも、やや説明過多気味に書くぐらいでちょうど良いのです。

ですが、それは書き手側にとってとても面倒くさいことであり、大変なことです。

 それをプロの小説家は当たり前のように小説の中で表現しているので、それが私は小説を読むといつも感動している部分です。

コンテンツメニュー

    Link