デパートのカウンター化粧品

学生の頃は、デパートの化粧品カウンターに座ることにびびっていたように思います。ハッピースターカジノに登録はこちらをクリック

きっと、高い化粧品を売りつけられるに違いないみたいな。

押されたら、引くことのできない押しの弱さというかかわいらしさや繊細さがまだ学生のころにあったんだと思います。

とはいえ、デパートの化粧品売り場は、いまだにきらきらしているように見えます。

カウンターのお姉さんもきれいですよね。

私も、この化粧品を使ったらこうなれるのだろうかと学生のころは憧れたりしましたが、そうでもないことは大人の私は知っています。

いま、デパートの化粧品カウンターに座ることになっても、いらないものはいらないとはっきりと(といっても大人の拒否の仕方でですが)断っちゃいますね。

言い方はいろいろありますもんね。

「じぶんのすきな感触ではない」「もうちょっと考えて見たい」「今日はいいです。

また来ます」などなど。

学生の頃には、こんな他愛ない拒否のしかたができなかったんですよね。

コンテンツメニュー

    Link