www.pravilana.com

クレジットをショップにおいて決済する際、経験がおありではないかと考えますが、店頭の人が未熟なためにいったいどの明細を客に対して提示するべきか迷うときがあるのではないでしょうか。といいますのも、クレジットを利用すると、より3枚の明細が吐き出されるためこのレシートのどれを利用者側へ差し出したら良いのか迷いやすいというケースがあるのです。3組綴りの紙の説明:上記の3枚1組の使用明細の説明はどういうものかについては、以下の記載の通りです。1お客様へ保管して頂く明細レシート。2店舗で保管する利用明細。3カード会社控え使用レシート(サインを書くレシート)。普通は絶対利用者へ保管して頂く紙の方を渡すのが正しいのですが、時々店舗控え用の明細を客へミスして渡してしまう場合であったり、署名された方のレシートを渡してしまうというという事故さえもあるのです。このようなケースはバイト店員であったり普段クレカが使われることの少ない店の会計にてクレジットを使うとそのような従業員の焦りを拝見することが出来るだろう。いつの日かスタッフが違う方の使用明細というものを渡したときは、どうぞ「これじゃありませんよ」と直してください。

コンテンツメニュー