www.pravilana.com

通常の初めての方向けのFXの雑誌では「損失が生じたケースではナンピンをすることによって、全体の買い付けコストを抑える」等助言されていたりしますが現実にはそれは落とし穴があります。まずは、ナンピン買いの仕組みについて述べます。例として100円で1ドルを買ったとします。$(ドル)買いなので、ドル高になるほど黒字が出るわけだが反対に1ドル95円まで円高・ドル安が進んだとします。このままの状況で持ち続けたとしたら損失が戻るためにはドル安になった分、ドル高が進まなければなりません。赤字は早く無くしたいと願うだろう。この状況を乗り切るためはじめにエントリーしたのと同じ額の$(ドル)を、1ドル95円で買います。これで、全体の単価は1ドル=97.50円まで安くする事が出来ます。つまり、2円50銭の幅で円安に推移すれば、マイナスを回復できる。これが、ナンピン買いのロジックだ。このような、ナンピンの仕組みを理解すると、「なるほど」と考えるが為替相場はそう易々と問屋を卸しません。1ドル95円が下限だとということなど、誰一人として予想できません。為替が相当の円高基調だとしたら、1ドル=95円ではとまらず、ドル安にいく確率がある。ひとつの例として、1ドル=97.50円でナンピン買いを入れたにもかかわらず1ドル95円までドル安に向ったらナンピン買いを入れた分についても損が生まれることになってしまいます。その状況では、一番初めに売買したドルと同時に更なるマイナスが生まれる事になります。この通り、ナンピンは大変です。それでは、為替が自らの筋書きとは反対にさっさと進む場合、どういう手法で危機を回避すればいいのでしょうか。ここで選べる方法は限られています。ひとつめは潔く、損失を確定する事です。もうひとつの方法としては今現在、自分自身が保持しているポジションを減らす事でもう一度マーケットが戻るのを黙って待ち望むことです。だいぶ弱腰の手段だと感じる投資家もいるだろう。しかしながら、持っている買いポジションに損が生まれた時最も妥当な手法はこの他にはないです。理屈の上では、ナンピンを入れるという対策も有効です。だけどナンピン買いは、自分が損失を披っているにもかかわらず買いポジションを無くすどころか遂にポジションを増やしていく手段です。この手段では、危険を避けることなど、どうやってもやりようがない察するべきです。ナンピンをしていけばいずれは儲けが出るかもしれません。だが、それ以前にお金は足りなくなってしまいます。

コンテンツメニュー