www.pravilana.com

自動車重量税、別名重量税というものは国産メーカーの自動車もしくは外車というような車の生産国や低公害ディーゼルエンジン搭載車、セダンなど自動車の形に関係なく、例えば、スズキやフォード、などにも普通に負担を必須とされている税のことをいいます。新車を登録するさいあるいは車検に出す時に支払う税です。その金額はその自動車の車重によって定められています。「自動車重量税」と「自動車税」は完全に別のものですので一緒にしないようにする必要があります。「自動車重量税という税金は自動車のウエートによって」「自動車税とは車の総排気量により」その金額が変わります。それにより、売却の際の対応も違いますから、注意が必要です。中古車を売却する際には既に納めた額がいくら残っていた場合でも、その額が還付されることはないです。一方で、自動車税であれば、支払い済みの残存税額を買取金額に乗っけてくれる事例があるものの重量税の場合は上乗せになるという場合はほとんどないといえます。重量税については売却時に既に納めた税金が残存しているとはいえ自動車専門業者にてそのことが配慮される場合はまずないのです。そのため次の支払い、つまり車検まで待った上で買い取りを依頼するのが最も良いでしょう。車買い取り時は戻ってこないのが重量税ですが例外的な事例でしたら返ってくることもあるのです。というのは車検が残っている自動車を廃車にしてしまう場合です。要するに、廃車申請をした際に、残存期間に応じた重量税が返ってきます。ですが自動車買い取りの際はそのクルマが廃車になるのとは違うので還付されません。そして、売却する車の名義を変更した場合や、盗まれた時なども還付を受けることは不可能です。自動車重量税が残っている自動車を売却することはつまり車検期間がまだあるクルマということになります。そういったことを買取側も考慮しますので自動車重量税が残っていればそれなりに買取金額はあがると思います。当然査定額は業者によって違ってきますが、車検の効力がまだある事実を計算に入れてもらえば、愛車の買取額と比べるとそこまで損をするということもありません。

コンテンツメニュー