www.pravilana.com

普通の経験の浅い方向けのFX取引の本では「損失を被った場面ではナンピンして、全体の価格を抑える」などと書かれていたりする事もありますが現実にはこれにはかなりの危険がある。はじめに、ナンピンの方法について簡単に説明します。仮に1ドル100円でドルを買ったとする。$(ドル)買いなのでドル高に動くほど黒字を得られますが逆に1ドル95円まで円高ドル安に振れてしまったとします。そのままの場合ポジションを維持し続けたら利益がでるためには、損失分、円安ドル高が進まなければなりません。誰もがみんな、損は早めに戻したいと願うだろう。この状況を乗り切るため最初に注文したのと同じだけの$を、1ドル=95円で売買します。そうしたら、ポジションの平均の買い付け価格は1ドル=97.50円まで抑える事が出来ます。言い換えると、半分の幅で円安に推移すれば、マイナスを回復する事ができます。こういったことがナンピンの方法です。このように、ナンピン買いのロジックを耳にすると「納得だ」という風に思うがそう簡単には問屋を卸してくれない。そもそも、95円が底値だということなど誰もわからないのである。マーケットが円高ドル安トレンドであるならば1ドル95円では下げ止まらずに、より円高ドル安になる可能性が高いです。仮定として、97.50円でナンピン買いをして1ドル=95円まで円高ドル安に進んだらナンピンした分についても、差損が生まれることになってしまいます。こういう状況では一番初めに注文したドルとトータルで2倍の損を被ることになります。例示したとおり、ナンピンは大変です。であるなら、為替相場が自身の物語とは別の方向にさっさと向ってしまった場合どの術で危機の確率を軽減すればいいのだろうか。こういう場合には選択する選択肢は2つしかありません。最初のひとつは執着しないでポジションを閉じる事です。もうひとつの選択肢としては、今、自分か所有している買いポジションを減らす事で再度市場がリカバリするのをじっと待機する事です。だいぶ消極的なやり方だとおっしゃる投資家もいると思います。だが、自分が所有している買いポジションに差損が生じた場合、リスクが低い術はこれよりいいものは考えられません。なるほど、考え方としてはナンピンをするという考え方もありえます。しかしながらナンピン買いはマイナスになっているにもかかわらずポジションを整理するどころか、それとは反対にポジションを重ねていく手段です。この考え方では、危機を制御することなど、とても無謀だと思ったほうかいいだろう。ナンピン買いを続けられればいつの日にか勝てるかもしれない。だが、そうなる前にお金はマイナスになってしまいます。

コンテンツメニュー